top of page
検索
  • 執筆者の写真執行委員長

厚生労働省にて記者会見

更新日:2020年7月22日

yoggyインストラクターユニオンは厚生労働省にて記者会見を行いました。

厚生労働省で記者会見を行うということ。

私達にとってもそれなりの覚悟が必要でした。

みんなでたくさん話し合いました。

「提訴」だとか「不当労働行為」だとか、ネガティヴに見える言葉ですが

「おかしい!」と思ったことを言えないのはおかしいのです。

また、発言した人が誹謗中傷や不利な立場に追いやられるのもおかしいですよね。

だから、そういった言葉をもっとポジティヴに発信できる世の中であって

欲しいと思っています。

意見をいった人たちが不利に立たされるような世の中を許しません。

そんな私達の決意の記者会見でした。

たくさん記者の方が記事を書いてくださり、

「名ばかり個人事業主」「名ばかりフリーランス」問題の関心の高さを

実感しました。今も取材は続いています。


記者会見記事のリンクまとめ


ヤフー(POSSE)


ヤフー(弁護士ドットコム)


日刊スポーツ(共同通信社)


産経新聞


東京新聞


閲覧数:139回0件のコメント

最新記事

すべて表示

全救済を求め、中央労働委員会にて調査続行。

東京都労働委員会での命令では、会社がはじめた有料認定講習制度(ヨギ-ヨガ)のクラスを削減した点は不当労働行為として認められませんでした。 yoggyインストラクターユニオンの発足のきっかけは、この有料認定講習クラス(ヨギーヨガ)の問題でした。「今後ヨギーでヨガのクラスをするには、資格をあげるから講習を受けなさい、そして毎年更新料を納めなさい」という強制行為でした。 これによってほとんどのクラスを担

2023年6月1日東京都労働委員会より命令有!救済!

都労委より救済命令が出されました。「一部」とはありますが、こちらの主張がほぼ認められた形になります。実質の勝利となりました。 【不当労働行為救済命令が出ました】 会社側の不当労働行為を一部認める命令が出ました。 【命令の内容(概要)と法的根拠】 組合員排除(クラス削減)行為は不当労働行為と認められました。 「クラスを削減しゼロにしたことが労組法第7条1号に該当する」と書かれています。 【業務委託で

ユニオンの歩み(不当労働行為救済申し立てに至るまで)

トップページに記載されていた当ユニオンの活動履歴についてこちらのblogに移動しました。 ​2020年6月   厚生労働省において記者会見 2020年 4月   第2回ユニオン総会(zoom)・みんなとつながるフリートーク開催(zoom) 2020年4月   NHKクローズアップ現代出演 2020年3月   第6回団体交渉 2020年3月   労働基準監督署訪問 2020年2月   日本労働弁護

Comments


bottom of page